質を求める方 e.maxプレス

  • PICK UP
  • IPS e.maxの信頼性
  • 質を求める方 e.maxプレス
  • スピードを求める方 e.maxキャド

ハンドメイドで精度の高い技工物を作製します

IPS e.maxプレスは、プレステクノロジーのためのニケイ酸リチウムガラスセラミックスです。
オールハンドメイドで、4段階の透明度・2サイズから周囲の歯の色調に合わせて自然な仕上がり・噛み合わせに調整できます。従来のロストワックスを用いるため、金属歯科材料のような高い適合性が得られます。

IPS e.max(イーマックス)プレスの特徴

おすすめ適合例

【インレー、ラミネートベニア】

適合の精度が高いことが、一番のおすすすめする理由
適合が悪いと、セメントの色に影響も出て強度の劣化にも繋がる

メリット 機械を使用せず技工士がワックスアップすることで細かな調整が利きやすい
デメリット 仮歯ができない
価格 e.maxキャドより高額
納期目安 5~7日

透明度の段階とその適用例

透明度 高 マスキング効果 低

HT インゴット(高透明度)

周囲の天然歯の色調とよく調和します。

【適用例】
透明度が高く、詰め物(インレー・アンレー)の製作に適しています。

LT インゴット(低透明度)

インゴットは色相に合わせてシェード付けされていますので、ステイニングやレイヤリングを最小限に抑えることができます。

【適用例】
透明度がHTより低く、ステイニングやカットバックテクニックにおける修復物の製作に適しています。

MOインゴット(中不透明度)

シェードMO0からMO4まで4種類あります。

【適用例】
生活歯または若干変色した支台歯上のフレーム製作、天然歯に類似した修復物を製作するためのベースとしても適しています。

HOインゴット (高不透明度)

シェードは3種類。高度な不透明性があるためレイヤリングテクニックに適しています。

【適用例】
失活歯または重度に変色した支台歯のフレーム製作に適しており、メタルコアを部分的に覆う場合にも役立ちます。高い不透明性で下部構造をマスキングし、非常に色の濃い支台歯など天然歯の色調再現が困難なケースでも、生活歯のような修復物製作を可能にします。

e.maxキャドを見てみる

page top